イメージ画像

韓国戸籍(韓国家族関係登録簿証明書)収集

韓国人の方が韓国の戸籍収集が必要となるケース1 相続

当事務所では、司法書士事務所向けの韓国戸籍(韓国家族関係登録簿証明書)収集及び翻訳を行っております。
在日韓国人、在日朝鮮籍の方(日本の書類の国籍欄が「朝鮮」となっている方で本国住所が南(現在の韓国の地名)に当たる方)が亡くなって相続が発生した場合、あるいは相続人のうち韓国人の方がいらっしゃる場合などは、韓国の書類(韓国戸籍あるいは韓国家族関係登録簿証明書)を収集し、その翻訳が相続手続きに必要となります。

日本人の方が亡くなった時の相続手続きでも、通常は司法書士や行政書士(不動産の相続手続きは司法書士しかできません)にご依頼される方が多いのですが、特に亡くなった方が韓国籍の場合や、相続人に韓国籍の方が含まれている場合に関しては、かなり難易度が高く、通常の司法書士事務所や行政書士事務所では対応が難しいのです。

たとえ、受任したとしても、結局は一番面倒で、難しい韓国戸籍収集や翻訳の部分をご自身でしなければならないというのが実状です。

せっかく専門家に依頼しても、ご自身が一番しんどい部分をしなければならないとなると、ご依頼された意味があまりありません。

当司法書士・行政書士事務所では、韓国の相続手続きに精通した専門家が手続きに実際に使える韓国書類を判断収集をいたしますので、ご依頼者さまのご負担が各段に減ります。

ご自身で相続手続き自体をされるけども、韓国書類の収集・翻訳(いずれかのみでもOK)のみお願いしたい、あるいは相続手続き(主に不動産の名義変更その他)自体を任せたいなど、臨機応変にご対応いたします。

特に不動産の相続登記については、お任せいただければご本人にしていただくことはほとんどありません。

お気軽にご相談ください。

当事務所に韓国戸籍(家族関係登録簿証明書)の収集および翻訳をご依頼いただくメリット

相続や帰化に必要な範囲を判断して収集してもらえる。(一々どの書類を取るかの指示が不要)

法律の専門家なので、相続登記や相続放棄などの相談も可能。

戸籍の収集と翻訳その他相続(不動産の名義変更など)手続きがワンストップでできる

手続きに使うことを念頭に置いた翻訳なので安心。

個人のご依頼だけではなく、司法書士、弁護士、行政書士などの専門家の先生のご依頼にも対応。

このページの先頭へ